公益財団法人 全日本弓道連盟

全国大会実施要項・立順・結果

第70回全日本弓道大会 実施要項

目的 弓道技能の向上および弓友相互の親睦を図るとともに、弓道の発展に寄与することを目的とする。
主催 公益財団法人全日本弓道連盟
後援 京都府・京都府教育委員会・公益財団法人京都府体育協会
後援(申請予定) 京都市・京都市教育委員会・公益財団法人京都市体育協会
主管 第70回全日本弓道大会実行委員会
期日 2019年5月2日(木)・3日(金)
会場 京都市勧業館「みやこめっせ」 http://www.miyakomesse.jp/
〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
TEL:075-762-2630
 京都市営地下鉄東西線「東山駅」より徒歩約8分
競技種目 近的競技
競技種類 個人競技
競技種別 有段者の部・錬士の部・教士の部 <演武種別> 有段者の部・錬士の部・教士の部・範士の部
競技内容 的中制(坐射・直径36cm霞的)
競技日程

<5月2日>
8:00~
1階選手控室開場
8:30~
3階観覧席開場
9:00~
開会式・功労者表彰式
矢渡
演武(範士の部)
演武・競技(錬士の部)

競技終了後 表彰式
<5月3日>
8:00~
1階選手控室開場
8:30~
3階観覧席開場
9:00~
演武・競技(有段者の部・教士の部)

競技終了後 閉会式

競技方法

(1)有段者の部・錬士の部・教士の部の演武皆中者により行う。
(2)各部とも「競技における行射の要領」で行う。
(3)射詰競射にて順位を決定する。射詰の3射目以降は、直径24cm星的を使用する。
また、的中を逸した同位者は、直径36cm霞的を使用し遠近競射で順位を決定する。

演武方法

(1)各部とも一手1回とし、原則として各射場5人立で行う。
(2)有段者の部・錬士の部・教士の部は「競技における行射の要領」で行う。
(3)範士の部は「審査における行射の要領」で行う。

表彰

(1)範士の部は、優秀者を選出し、賞状及びメダルを授与する。
(2)有段者・錬士・教士の各部は、優勝~5位までに賞状及びメダルを授与する。
(3)錬士及び範士の部の表彰は1日目の競技終了後に行う。

参加資格

(1)錬士・教士・範士の各部は本連盟の称号受有者とする。
(2)有段者の部は本連盟の称号者を除く四段以上の者とする。
(3)本大会は大会役員及び競技役員も参加できる。

 

 

「実施要項」PDFダウンロードはこちら

大会用申請書類

全国弓道場マップ
PageTop